TOP >[日本語記事] > これまで対日投資があまり積極的に行われてこなかった理由は?

これまで対日投資があまり積極的に行われてこなかった理由は?

対日投資は最近とても増加しており、日本に進出してくる外国企業は増加の一途です。ところがこれまでは対日投資が積極的に行われてきたかというとそうではなかった歴史があります。これまで対日投資があまり積極的に行われてこなかった要因、言い換えるならば、日本に進出する場合の留意点・デメリットについてご紹介させていただきます。

1.コスト面

日本で法人設立をする際に、海外の企業からすると、コストがかかり過ぎると言うのが、対日投資が行われない最も大きな要因だと言われています。特に、日本に暮らしている私たちからすれば当たり前のことですが、海外諸国からすれば、社会保障の金額が高すぎるという意見が出ています。

国民全員が健康保険に加入している日本のケースは実は珍しい部類に入るので、そのあたりも大きなコストとして認識される部分でもあると思います。もちろん、そればかりではなく、人件費、オフィスや事業用地の値段、税負担も日本進出における大きな壁となっているという指摘もあります。

2.英語に関わる問題、文化が違い過ぎる点

こちらも、コストと同程度に要因として大きな割合を占めています。

日本で法人化する場合にはいくつかの書類が必要になりますが、それらは英語などの外国語で製作することができず、全て日本語で記入する必要があります。それに、必要となるものとしてはんこがあり、欧米諸国などではそのような物は不要で、全てサインで行うために、書類手続きの面倒さが対日投資の阻害要因となっているということも言えます。

また、英語に関わる問題としては、現地で採用する人材に英語を実用的に使える人材が少なく、おかげで事業主である企業側と労働者側でうまくコミュニケーションを取ることができないという問題点もあります。もちろん、海外から人材を日本に連れてきて事業をする企業もありますが、その際にはどうしても海外で生活をしていた方々が日本語を完璧に使えるというケースは少なくなります。

おかげで、日本に滞在していてもうまく生活をすることができない、そのために優秀な人材が日本から離れて行ってしまう、なんてことも良くあるようです。それに前述したようにこちらで人材を補充しようとしても、英語を使える人が少ないとなれば、ビジネスとして成立させるのがどうしても難しくなってしまうケースも多いようです。

3.今後の課題

日本でより対日投資を行ってもらうためには、いかに日本が外国にコスト面、文化面で近づけるかというのが課題だと言えます。郷に入っては郷に従えと言いますが、それをずっと実施してきた日本はこれからの国際経済から置いてきぼりを喰らうのは明らかです。より海外の資本を日本に仕入れ、外資を日本で回して行かなければ、日本経済の活性化は難しいでしょう。そのためにも、外国人が日本でビジネスを行い易い体制を整えるようにしなければならないと言えるでしょう。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧