TOP >[日本語記事] > 日本に進出した企業紹介「Google社」編

日本に進出した企業紹介「Google社」編

今回は、2001年に日本に進出した世界的有名企業であるGoogle社についてご紹介いたします。

1.Google社とはどんな会社か?

(1)会社概要

Google社は、創業者であるラリー・ペイジ氏とセルゲイ・ブリン氏の両名(共同創業者)により1998年の9月4日に設立をされました。2004年の8月19日に最初の株式公開がなされています。Google社には、GOOGとGOOGLの2種類からなる株式があり、これらをNASDOQへ株式公開しています。現在までインターネット関連事業全般の運営を世界中で展開をしています。

(2)本店所在地

1998年の創業時には、カリフォルニア州のメロンパークにありました。その翌年の3月にはパロアルトへ移転、そして2006年にはカリフォルニア州のマウンテンビューへの移転を行い現在に至ります。

(3)事業内容

Google社の事業内容は多岐にわたり、インターネット関連事業全般をはじめ、ソフトウェアなどの研究や企画、設計、製造、販売、開発などを行っています。世界中で同社が扱うソフト類やデータ類の利用を、多くのユーザーによってなされています。

(4)会社の成長

現在、同社のCEOの方はスンダー・ピヒャイ氏になっており、昨年の2015年には約5万人規模ものフルタイム従業員がいました。そして、その社是にもあるように「世界中にある情報整理を行い、世界中にいるあらゆる人々がアクセスを出来るようになること」という使命のもとに、現在まで同社独自によるプログラムで世界中に存在するウェブサイトの巡回をしたうえで情報収集をし、検索用索引の製作をし続けています。

(5)主な商品・製品・サービス

一番代表的なものが、Google検索ソフト及びアプリ、Googleマップの2つといえます。これらは私達一般大衆ユーザーの人間にも日常的に大変馴染みがありますので、Google社の一番最もな代表するソフト類といっても過言ではありません。サービスに関しては、クリック収益サービスであるアドセンスやGoogleブロガーなどもあり、これらがビジネス面において多くのユーザーからの支持を得ています。

2.Google社の日本への進出

(1)日本進出の時期と代表者

2001年8月にグーグル株式会社が日本法人として設立されました。当時グーグル株式会社の代表取締役の社長職は村上憲郎氏、辻野晃一郎氏の両名でした。辻野氏が2010年の4月に退任をした際に社長職そのものが廃止をされ現在までに至ります。その後、2010年の1月から3年後の12月まで有馬誠氏、2014年の1月からは現在までロバートソン三保子氏が代表取締役を務めています。

(2)日本法人の概要

日本法人の正式名称はグーグル株式会社といい、現在の代表者はロバートソン三保子氏となっています。本社所在地は東京都港区の六本木ヒルズ森タワーとなっています。日本での従業員数は約100名程度とのことです。主に日本国内やその周辺域での情報検索収集を行っています。

(3)Google社が日本で遭遇したトラブル等

2010年の1月に起きた中国本土でのGoogle社と中国政府との検索エンジンの結果を巡っての対立を期に、日本国内をはじめ、中国や韓国、台湾などの関連情報が、一部検索不能になったという出来事がありました。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧