TOP >[日本語記事] > 日本でよく聞く「団体信用生命保険」とは?

日本でよく聞く「団体信用生命保険」とは?

今回は、日本でよく聞く「団体信用生命保険」についてご紹介させて頂きます。

1.団体信用生命保険(団信)とは?

日本では、住宅ローンを銀行等から借りるときに団体信用生命保険に加入するように促されます。団体信用生命保険とは、住宅ローンの借主がローンの返済期間中で残高がまだ残っているうちに死亡してしまったり、病気などになったりして返済ができなくなった時に、本人に代わって住宅ローンの残額を銀行に返済してくれるタイプの生命保険です。

したがって、住宅ローンを借りる側にとっては、「自分が急に死んだら家族はローンを払えないので、家を売らなければならなくなるんじゃないか」というような心配をせず、安心してローンを借りることができるというシステムであります。

2.団体信用生命保険にはどういう種類があるのか?

団体信用生命保険は、以前は死亡時に保険金が支払われ残債がチャラになるというタイプのものしかありませんでしたが、最近では、それ以外にもいくつかの新しいタイプの生命保険が現れてきました。

(1)三大疾病保障付保険

1つは、三大疾病保障付保険といわれるものです。これは通常の死亡時、あるいは高度障害の場合に保険金を支払うほか、三大疾病である、がん、脳卒中、急性心筋梗塞にかかった場合も、それが死亡には至っていなくても、保険金が支払われるというものです。これに加入する場合は、例えば「住宅ローンの金利に0.2%上乗せ」という内容に合意してローン契約を締結して返済をするなどといったこととなります。

(2)七大疾病保障付保険や八大疾病保障付保険

もう1つは、七大疾病保障付保険や八大疾病保障付保険です。これも三大疾病保証付保険と基本的には同じですが、三大疾病に加えて、高血圧性疾病、糖尿病、慢性腎不全、肝硬変になった場合も、保険金が支払われるというものです。この生命保険に加入するためには、年齢、ローン残高などの借り入れ内容などによって、別途保険料が計算されます。

3.団体信用生命保険において注意すべきポイント

日本では住宅ローンを借りるとほぼ自動で加入する団体信用生命保険ですが、加入する上での注意点がいくつかあります。

1つは、他の保険に入っていないかを確認することです。団体信用生命保険加入は義務化されていることがほとんどですので、加入しないという選択肢は基本的にはありません。したがって、他の生命保険に別で加入している場合は、生命保険による保障金額が過大になっていないかを確認し、その場合は適宜見直しをすることがよいといえます。

もう1つは、団体信用生命保険も生命保険ですので、健康状態によっては加入できない場合があります。その時には住宅ローンを借り入れることができなくなる場合もあり、こちらについても十分に注意する必要があります。

また、もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧