TOP >[日本語記事] > 日本国内に進出している海外の銀行について

日本国内に進出している海外の銀行について

日本国内に進出している海外の銀行は多数あります。本日は、その中でも次の3つの海外の銀行についてご紹介いたします。

1.ブラジル銀行

ブラジルの首都ブラジリアにある、同国で最大規模となる商業銀行です。設立されたのは日本が江戸時代後期だった1808年と、歴史が非常に長くあります。世界23カ国に44拠点をもっており、世界中に進出しています。

現在は日本国内にも3つの支店を開設しています。利用者の層は国内に滞在するブラジル人や、日本在住のブラジル人などが多いですが、日本人でも日本の銀行とほとんど変わらぬサービスが利用できます。日本国内事業の統括をする東京五反田出張所をはじめとして、名古屋出張所、浜松出張所があります。ゆうちょ銀行、三井住友銀行、コンビニのセブン銀行、イオン銀行などと提携しており、全国のATMでブラジル銀行の取引が容易になっています。

2.オーストラリア・ニュージーランド銀行

南半球のオーストラリアとニュージーランドという両国の大企業の中でも、上位10位に入っている大手の銀行です。本部があるのはオーストラリア南東部のメルボルンですが、当初はBank of Australasiaとして、イギリスで1835年に設立された会社でした。現在の社名になったのは戦後まもなくの1951年で、1977年になってからイギリスからメルボルンへと本社機能を移転し、名実ともにオーストラリア・ニュージーランドの企業となりました。

日本に東京支店を開設したのは1985年で、現在は千代田区丸の内の東京支店のほか、大阪市梅田の大阪支店、名古屋市名駅の名古屋出張所と、3つの拠点を開設しています。日本でのサービスは、外貨預金サービスや海外送金など海外銀行である立場を活かしたもの、それに加え、国内銀行同様に全般の取引が可能です。

3.UBS銀行

UBSグループは、スイスのチューリヒ市とバーゼル市に本社のある、世界有数の金融持株会社です。UBSの主な業務は、投資銀行と証券業務、資産運用業務などを中心としてます。1862年に設立された会社であり、世界22カ国に事業所を置いています。2014年には世界最大のプライベートバンクとなりました。

日本のUSB銀行東京支店は、千代田区大手町に2004年に開設されたもので、大阪と名古屋に出張所をかまえています。東京支店では資産運用・プライベートバンキング、それに外国為替取引業務を主体として行っています。また、日本国内の系列店としては、千代田区大手町のUBSアセット・マネジメント株式会社や、同所在地のUBS証券株式会社の東京事務所があります。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧