TOP >[日本語記事] > 日本で成功している外資系の飲食店について

日本で成功している外資系の飲食店について

本日は、日本で成功している外資系の飲食店についてご紹介いたします。次の3社は店舗数や売上高を見ても突出しています。

1.マクドナルド

マクドナルドは、アメリカ合衆国のイリノイ州オークブルックに本社を置いているファーストフードの飲食店です。マクドナルドは第二次大戦前の1940年にマクドナルド兄弟によって設立されました。2013年時点では全世界に3万5429店を構え、従業員は2014年時点で42万人です。

日本に進出したのは1971年のことで、第一号店は銀座三越に開店しました。2014年時点での日本マクドナルドの店舗数は3065店舗となっております。ドライブスルーで購入ができることを特徴としており、ドナルドをはじめとした怪しげな印象のマスコットキャラクターが人気です。

主力商品はビッグマックなどのハンバーガー、フライドポテトやマックシェイクなどです。2016年には日本でいち早くポケモンGOのポケストップ店舗となって話題になっています。

2.KFCコーポレーション

ケンタッキーフライドチキンのKFCは、アメリカ合衆国ケンタッキー州ルイビルに本社を置くファーストフードの飲食店です。1952年に設立され、2015年時点で全世界に1万9420店舗を数えます。

日本にはマクドナルドにさきがけて1970年に進出を果たしました。愛知県名古屋市西区のダイヤモンドシティ・名西ショッピングセンター内に1号店を開店しました。2014年時点では、日本国内に1147店舗を数えます。アメリカのケンタッキーフライドチキンの看板にはカーネル・サンダースの似顔絵が描かれ、日本ケンタッキーフライドチキンは創業者のカーネル・サンダースの人形が店舗前に置かれるなどの特徴があります。

商品はフライドチキンを主力とし、フライドポテトなどの揚げ物やチキンのハンバーガーなどをそろえています。

3.スターバックスコーヒー

スターバックスコーヒーは、アメリカ合衆国ワシントン州シアトルに本社を置いているコーヒーチェーン店です。1971年にシアトルで設立されて以降、アメリカを中心として拡大を続け、2015年には全世界の店舗数が2万2088店舗まで増えました。

日本では1996年、東京の銀座に1号店がオープンしていますが、この店舗は北米以外では最初の店舗でもありました。2015年時点での日本国内の出店数は1096店舗となっています。

エスプレッソ・コーヒーのラテや、紅茶、抹茶などのホット、アイスの各種ドリンクが用意されています。また、マフィン、ドーナツ、デニッシュなどの焼き菓子を提供しています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧