TOP >[日本語記事] > 日本におけるAirbnbの今後の可能性

日本におけるAirbnbの今後の可能性

本日は、日本におけるAirbnbの今後の可能性についてご紹介いたします。

1.日本の民泊の現状について

Airbnbは、日本でいう「民泊」に関する世界最大手の米国のベンチャー企業です。Airbnbにとって日本は最大のマーケットとして認識されています。日本は、円安の影響、数々の世界遺産の認定、ジャパニーズカルチャー、そして、直近では東京オリンピック開催が決まり、訪日外国人がどんどん増えている状況です。そして、政府が掲げる目標の訪日外国人2000万人をすでに超えてしまい、2020年には4000万人の訪日観光客を目指す状況となっています。

こうなると課題は訪日外国人の宿泊先の確保になります。ビジネス客は会社で宿泊先を確保しており経費処理をすることになりますのであまり問題ではないのですが、訪日外国人観光客にとっては、高いホテルの宿泊料金を支払ってまで日本を観光するのは予算的に厳しい・・・そして、本当は長くいたいけども長期滞在が厳しい・・・ということにつながります。

その結果必然的に民泊に対する需要が高まることになります。Airbnbはこのような背景をもとに日本市場で活況を呈することになります。しかし、いろいろな法制上の課題も生まれつつあり、その発展は難しい状況にあります。

2.Airbnb・民泊の課題について

予想以上にたくさんの外国人観光客が日本を訪れることになり、収容しきれなくなっている日本のホテルの宿泊事情・・・。しかし、日本の旅館業法では最低6日間宿泊という規制があり、Airbnbの平均利用日数3.6日と比較するとこの法律を遵守するのがとても厳しい状況となっています。

また、日本の文化・慣習において、不特定多数の外国人が近隣に出入りすることを嫌う傾向にあります。しかし、後者に関してはホストとゲストがお互いにレビューしあい、宿泊する人間の属性を制限することも可能となっています。この手法が完全な解決策にはもちろんなりませんが、少しずつ進んでいるようです。

3.今後のAirbnbの可能性について

日本政府も、日本が観光立国としての地位を確立するために、民泊・Airbnbなどが違法ではない状態で運営できるようにすることに対する必要性を感じています。

実態として、国際交流を目的にAirbnbを利用する外国人は多く、ホームステイ利用者にはホストとの国際交流を希望する外国人も多いようです。もちろん、Airbnbのホストを務める家庭も国際交流を求める人間は多く、非常に良好な状態を保っています。

4.ビジネスにも利用を?

海外では、大きな展示会などを開催するエリアのホテルの宿泊費は高すぎるため、あえて民泊を利用するということもあるようです。これからの日本の市場も同じような状況が東京オリンピックの開催とあいまって進んでいくのではないかと予想されます。

Airbnbのような仕組みをうまく活用して、ホテルとの両立がうまく実現できるような法整備を一刻も早く整えるべきだともいえます。Airbnbのような事業者が日本から撤退してしまうならば、「日本は規制が多すぎる」「マーケットとして魅力的ではない」と世界的に言われかねないとも感じます。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧