TOP >[日本語記事] > 外国人との不動産取引で困ることは?

外国人との不動産取引で困ることは?

外国人との不動産取引の問題として、言語面や習慣、生活マナーの違いや費用面といったことがあげられます。本日は、外国人との不動産取引で生じる問題についてご紹介いたします。

1.言語の違いから生じる問題

言語の違いを原因として不動産取引において問題となる点は、契約時に交わす契約書や重要事項の説明などの読み合わせ等です。契約上重要な事項の確認に関わるやり取りが難しくなりトラブルの基となってしまいます。また、日本語による口頭説明など取引時の説明で、一般的とされている事項や手続きに関しても進めていくのが難しいという問題点もあります。

場合によっては、外国語の契約書や関連文書の作成をはじめ、口頭で説明することが難しい契約に起因して発生する諸事項を説明するための事務的な文書作成などが大変であるという点も挙げられます。

2.契約時の習慣の違いから生じるによる問題

契約時の慣習の違いから生じる問題としては、上記に関連した説明に加え、不動産登記にかかる手続き、敷金、礼金、仲介手数料、退去時精算、更新料などの支払いや支払履行などに関して、外国人に十分な理解をしてもらうという点が挙げられます。

特にその中でも、外国人が日本で不動産取引賃貸をする場合に、保証会社の審査が厳しく、そして保証人の確保が難しく物件を借りることができないという点は比較的重要な問題といえます。

3.生活のマナーや慣習の違いから生じる問題

生活のマナーや慣習の違いから生じる問題点としては、例えば、物件や設備の使用方法や清掃状況などに関する認識の違いから生じるトラブルなどが挙げられます。また、時間に関する感覚の違いなどから発生すると考えられる、支払の滞納や時間の約束の遵守といった違いなども挙げられています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧