TOP >[日本語記事] > 日本進出する外資系企業がよく利用する「Paypal」とは?

日本進出する外資系企業がよく利用する「Paypal」とは?

本日は、日本市場に進出する外資系企業がよく利用する「Paypal」についてご紹介いたします。

1.Paypalとは何か?

「Paypal」とはインターネットを使った送金サービスです。アメリカのIT企業が運営しています。Paypalは簡単に表現するとインターネット上に個人の財布を作るようなもので、インターネットでショッピングをする時等にPaypalを使って支払いをすることができます。セキュリティ上非常に安全であるということが最大のメリットです。

2.Paypalの利用方法

Paypalを利用したい方はまずPaypalのサイトにて登録を行います。この時、氏名、住所、クレジットカード番号などを入力します。Paypalのサイト自体はセキュリティで安全に守られているので問題ありません(と言われています)。

登録後、ショッピングをする際に支払いの方法を選ぶときに”Paypal”を選択します。するとPaypalの画面が現れますので、メールアドレスとパスワードを入力することで、すぐに支払いを完了することができます。Paypalからショッピングサイトに代金が送金され、その代金がは利用者があらかじめ登録しておいたクレジットカード会社に請求され支払われるという流れです。 

3.Paypalの安全性について

ECサイトの利用者は自分のクレジットカード番号を入力する必要がありませんので、セキュリティ上は安全です。アマゾンや楽天などの大きなサイトですと、一般的にはセキュリティが安全だと思われますが、小さなECサイトはセキュリティがぜい弱で個人情報などが漏れてしまう可能性があります。

Paypalを利用すると少なくともクレジットカード番号が漏えいするリスクがショッピングの都度は軽減されると考えられます。

4.サイト運営者がPaypalを利用するメリット

一方、ECサイトの運営者側にもPaypalを利用するメリットはたくさんあります。まず、第一に自社サイトのセキュリティ上のポイントとして、ユーザーのクレジットカードの情報を入力してもらう必要がないため、リスク回避になるという点です。昨今は、重要な個人情報などが漏れてしまうと企業としての信用が失われ、最悪の場合には倒産してしまうこともありえますが、Paypalを利用することでこうしたリスクを軽減できます。

また、サイト運営者はクレジットカード決済を導入する場合、カード会社に決済代行手数料を支払うことになりますが、この決済代行手数料は決して安くはありません。この点Paypalは比較的手数料を低く設定しているので運営者にもメリットがあるようです。

Paypalは日本ではまだ認知度が低く利用している人もあまり多くはありませんが、海外では大変人気であり、多くの種類の通貨に対応しています。またアメリカでは個人間で送金ができるなど、様々な用途で利用されています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧