TOP >[日本語記事] > 日本に進出しているアイスランド企業の紹介

日本に進出しているアイスランド企業の紹介

アイスランドはロンドンから飛行機で3時間、国土の一部が北極圏に含まれる島国です。アイスランドの主要産業は水産・水産加工業ですが、近年、様々な分野での企業の海外進出が盛んになっています。その背景には、人口33万人(2015年現在)のこの国では国内市場が小規模であり、企業の生き残りのためにはグローバルな展開が不可欠という事情があります。

加えて、国民の教育水準の高さと英語力、盛んな起業意欲、ヨーロッパとアメリカの間という地理的環境などがアイスランド企業の海外進出を後押ししています。まだ多くはありませんが、日本に進出している企業もあります。その中から、業種の異なる4社をご紹介します。

1.義肢パーツでグローバル展開「オズール」

オズール社(Össur)は1971年創業の義肢パーツのメーカーで、特にスポーツ用義肢では世界トップのシェアを誇っています。アイスランド企業はニッチな市場でグローバル展開をはかるケースが多いと言われますが、義肢という特定の領域で成功を収めているオズール社はその好例といえます。

同社は当初、市場を国内に限っていましたが、1986年から輸出を開始、現在では市場を全世界に拡大しています。日本国内のオズール社代理店は、パシフィックサプライ株式会社(義肢製品総代理店)、および株式会社啓愛義肢材料販売所(装具一般代理店)です。

2.魚肉・食肉加工機械で世界トップクラス「マレル」

マレル社(Marel)は1983年、魚の加工機械のメーカーとして、社員12名でスタートしました。魚類はアイスランドの主要な輸出品であり、付加価値を高めるためには加工というプロセスが重要になります。同社はそうしたニーズを背景に、魚肉をはじめとする各種肉類の加工機械を開発・製造し、全世界で4000人以上(2014年末)の従業員を抱える大企業に成長しています。

日本ではマレルジャパン株式会社がマレル社鳥肉加工部門の子会社に、中村産業株式会社などが各種機械の取扱店になっています。

3.人工知能搭載の語学学習システム「コーリ」

コーリ(Cooori)は2010年、アルナ・イェンソン氏により設立された、語学学習システムを開発・提供する新しい企業です。氏は東京工業大学で人工知能を研究していた知日派の工学博士で、自身が日本語の習得に苦労したことが同社設立のきっかけになりました。コーリの学習システムは、人工知能を搭載することによって、学習の個別化と効率化を目指しています。

2015年5月に日本法人「コーリジャパン」が設立され、大手企業や大学でそのシステムが採用されています。現在、日本での学習システム提供は英語のみですが、将来的には他の言語にも拡大される見通しです。

4.歴史あるアウトドアブランド「66°NORTH」

66°NORTH(シックスティーシックスノース)は1926年創業の老舗ブランドです。ブランド名は北緯66度、すなわち、それ以北が北極圏に区分されるラインを意味します。同社はアイスランドの厳しい自然から人々を守ることを願いながら、アウトドア製品を作り続けてきました。洗練されたデザインに機能性と実用性を兼ね備えた 66°NORTHの製品は、国内外で広く愛されています。

日本では2012年に、株式会社CROSSが 66°NORTHの総代理店になっています。

深まる関係、日本とアイスランド

日本とアイスランドは今年12月の国交樹立60周年を控えてきわめて良好な関係にあり、日本からアイスランドへは年間1万人以上の観光客が訪れています(2014年)。

また、島国で火山国という共通の自然条件もあり、地熱発電などの分野では既に緊密な関係が築かれています。今後も、アイスランド企業の日本進出はますます拡大が期待されるのではないでしょうか。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧