TOP >[日本語記事] > 日本に進出している海外のスタートアップ企業

日本に進出している海外のスタートアップ企業

日本に進出している海外のスタートアップ企業はたくさんあり、有名な企業から無名な企業まで様々です。本日は、そのような海外のスタートアップ企業で最近注目されている会社をご紹介いたします。

1.Uber

Uber(ウーバー)はアメリカのウーバー・テクノロジーズが運営する、ハイヤー配車サービスです。2009年にアメリカのサンフランシスコで設立され、日本では2014年8月から、都内全域で本格的にタクシー配車サービスをスタートしました。現在では、世界各国の487都市でサービスを展開しています。携帯アプリやPCから現在地にハイヤーを呼ぶことが可能で、アプリ内決済のため、その場で料金を支払う必要はありません。この便利さと手軽さから、世界各国で多くの人に利用されています。

Uberの特徴はだれでもドライバーになれるという点で、副業でマイカーを使ってタクシーを営業しています。しかし、これは日本では明らかに白タク行為に当たりますので禁止されていて、東京の一部の地域でタクシーやハイヤーをUberとして営業しているのみです。またこの仕組みは既存のタクシーにとっては大変な脅威ですので、各国でタクシードライバーの組合などが抗議を行っています。それでも大変便利な仕組みであることには間違いありません。

2.Airbnb

Airbnb(エアービーアンドビー)は宿泊施設や住居を個人に貸し出すサイトを運営している企業で、2008年にサンフランシスコで設立されました。ベッドとブレックファーストを提供するということをビーアンドビーと言います。元々はイギリスが発祥のようで、個人が自宅の余っている部屋を旅行者に貸し出す形態で昔から存在しています。Airbnbはこれをオンライン上で運営している会社です。Airbnbは日本にも進出していて、東京など都会を中心に多くの部屋が貸し出されています。

3.Square

Square(スクエア)もサンフランシスコで2009年に設立されたオンライン決済企業です。Squareはクレジットカードリーダーを顧客に提供して、それをスマートフォンにつなげて決済をします。入金は翌日に行われるという特徴があり、中小の小売り業者には大変ありがたいサービスです。また手数料が3.25%と安いことも特徴です。このSquareは日本では三井住友銀行と提携して、本国と同じようなサービスを利用できます。

4.Pinterest

Pinterest(ピンタレスト)はピンボード風の写真共有サイトで、2010年の創業以降、アメリカで急成長しています。アメリカのほか、フランス、イギリス、ドイツ、ブラジルに拠点を持ち、ピンタレスト・ジャパンとして日本法人も設立しています。多くの投資家やインベンターによる資金援助によって成長しており、日本では楽天が約50億円を出資しています。また、2014年には電通と業務提携を行っています。

2016年8月にInstapaper(インスタペーパー)を買収しましたが、Instapaperというサービス自体を欲した買収ではなく、技術や人材が欲しいがゆえの買収といえます。Pinterestの企業価値は110億ドルにも及びますが、多額の資金調達や買収によって、その価値を保とうとしていると思われます。

5.Spotify

Spotify(スポティファイ)は1億人余りの利用者数を誇る、ストリーミング形式の音楽配信サービスです。2006年にスウェーデンで創業され、2008年にサービスをスタートしました。2015年にはSony Corporationと提携し、PlayStation Musicを世界41か国でスタートしたことにより、PlayStation 3・4でも視聴できるようになりました。

日本での展開が期待されて久しく経つSpotifyですが、2016年の国内ローンチが予定されているようです。まだ正式ローンチではありませんが、Spotify Gamersのプレイリストは利用可能になっています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧