TOP >[日本語記事] > 日本に進出しているブラジルの企業の紹介

日本に進出しているブラジルの企業の紹介

南米ブラジルは人口約2億人の巨大な国で、面積も世界5位と大変広い国です。ブラジルというとコーヒーをイメージしますが、農業はたいへん盛んで資源もたくさん眠っていますので、たいへん豊かな国です。そんなブラジルには大企業がたくさんあります。本日は、日本に進出しているブラジルの企業についてご紹介いたします。

1.エンブラエル

エンブラエルは世界4位の航空機メーカーで、日本の航空会社もエンブラエルを使用しています。エンブラエルの機材を使用しているのは、JALの子会社であるJailとフジドリームエアラインズ(FDA)で、エンブラエルE175という75席の小型機です。

こうした小型機はリージョナルジェットと呼ばれプロペラ機よりも速度が速いジェット機ですので、主に地方の都市を結ぶ旅客機としてより早く目的地に到着することができます。日本では現在開発されているMRJがそれに当たりますが、エンブラエルには遠く及ばないといわれています。またエンブラエルには95人乗りのサイズの機種もありJairも導入しています。今後JALはエンブラエル社製を積極的に導入するようです。

エンブラエルの機材は大変信頼性が高く燃費効率に優れた飛行機だといわれており、アメリカやヨーロッパなど世界中の航空会社が利用しています。とても静かで揺れの少ない機材として定評があります。

2.ヴァーレ

ヴァーレはブラジルの資源メジャーで、鉄鉱石やニッケル、ボーキサイト、銅などを産出しています。世界にはBHBビリトン、リオ・ティント、ヴァーレの3つの資源メジャーがあり、この3社で世界で供給される鉄鉱石の約80%を供給しています。ヴァーレの鉱山は内陸にありますので、産出した鉄鋼石などを港に運ぶために鉄道も運行しています。

日本にはヴァーレの高炉メーカーがありますので、ヴァーレの鉄鉱石がたくさん船に乗って運ばれてきて、鉄に生まれ変わっています。またヴァーレは日本でニッケルの精錬も手掛けています。

3.ブラジル銀行

ブラジル銀行はブラジル最大の商業銀行で、日本には東京以外にも名古屋、浜松、五反田に支店があります。日本には日系ブラジル人がたくさん住んでいますので、ブラジル銀行は主に日系ブラジル人が利用しておりたいへん重宝されています。

また日系ブラジル人の多くは祖国に仕送りなどの送金をしていますので、セブン銀行でもブラジル銀行のキャッシュカードを使えるようになっています。国際送金も大変便利で、提携先のATMで国際送金ができるサービスも行っています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧