TOP >[日本語記事] > 日本のビジネスにおける建設業法の許認可について

日本のビジネスにおける建設業法の許認可について

本日は、日本の建設業法の許認可についてご紹介いたします。

1.日本の建設工事はまだまだ必要が場所が多く存在する

建設工事は、世界から比べても日本はとても盛んに行われている国だと言えるでしょう。これほどまでに日本が建設工事に力を入れているのが、インフラ整備こそが日本の経済の根源を支えているという考えが強いからです。

日本には多くの道路があるというイメージが強いかもしれませんが、主要な道路という観点から見ればまだまだ不足である地域が多いのが現状です。また、日本は地震や高潮などが多い国ということもあり、まだまだ行うべき整備などが必要である国だと言えるでしょう。

こうした建設工事が盛んな日本の建設工事ビジネスにおける建設業法はどのような内容になっているのでしょうか。

2.厳しい日本の建設業法の基準

日本の建設業法は、海外から見てもとても厳しい基準になっています。とくに、完全管理や品質管理に関する建設業法については、建設工事が盛んな中国や韓国に比べてもその違いは歴然であり、日本が100と考えれば中国や韓国の安全や品質管理については20ほどになってしまいます。

これほどまでに厳しい基準が設けられているのも、日本が地震などの災害が多い国であることから厳しくなっていると言えるでしょう。

3.日本で建設業許可を取得する場合

日本で建設業許可を取得する場合、施工管理技術者が必要になります。施工管理技術者は、大きく分けて建築工事と土木工事の専門分野に分けられ、それぞれ許可を取得する際に必要である業種の資格を取得しておく必要があります。

会社だけではなく、請負金額によっては社員個々がこうした資格を取得しておかなければ、建設業法上仕事を行うことはできません。まずは建設業許可を取得する前に、個々で資格を取得しておく必要があるのです。

また、資格を取得すればすぐに建設業許可を取得できるわけではなく、経験も必要になります。建設業許可の取得でも、これほどまでに厳しい建設業法が関わってきますので、許可の取得までは簡単な道のりではないことがわかるはずです。

4.完璧な施工管理が求められる日本の建設業

日本の建設業はとてもレベルが高く、現場の施工管理だけではなくその施工管理に付随する書類管理についても完璧な管理が求めれます。書類管理については、建設業法で求められる将来的な瑕疵を目的とされており、つまり責任の所在を将来においてまでしっかり把握できるようにしておくことが必要とされているのです。

これほどまでに徹底した管理が行われる日本の建設業法は、どの国から見てもとても厳しい基準であることは間違いないでしょう。以上のことから、外国企業が日本の建設工事にビジネス参入することは簡単ではないということがわかります。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧