TOP >[日本語記事] > 日本に進出している香港企業の紹介

日本に進出している香港企業の紹介

本日は、日本に進出している香港企業をご紹介いたします。

1.香港ドラゴン航空

香港ドラゴン航空(港龍航空公司・Dragonair)は、香港国際空港をハブ空港とする航空会社です。1985年に設立し、1990年にスワイヤー・グループが株式の約90%を獲得し、それ以降はスワイヤーグループの傘下企業となり、同グループに所属するキャセイパシフィック航空と業務提携関係を結びます。1999年にアジアマイルに、2001年にはJALマイレージバンクに加入します。2007年にはワンワールド正式加盟を果たし、今年2016年にはキャセイドラゴン航空に社名を変更します。

初めての日本進出は1988年、鹿児島空港に就航しましたが6年後に運休、その後日本各地に就航と運休を繰り返しますが、2010年に福岡への定期便、2015年には羽田線を新規就航&広島に就航しています。

2.シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ

シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ(Shangri-La Hotels and Resorts)は香港を拠点とするホテルチェーン企業です。1971年、ロバート・クオック氏が第1号のホテルをシンガポールにオープンします。それ以降、中国を中心とするアジア地域にホテルを展開し、2003年にアジア以外の地域には初めてとなるオーストラリアのシドニーに開業、2007年にはカナダのバンクーバーへ進出します。2011年には新しいブランドホテルであるケリーホテル、2014年にはホテルジェンを展開しています。

ホテルの特徴としては、割引を一切行わず、無料で朝食・リムジン送迎・クリーニング・インターネット・国際電話を利用でき、同じく無料でマリンスポーツが楽しめるなど、クオリティの高いサービスを提供しています。日本進出は2009年で、東京の丸の内トラストタワーにシャングリ・ラ ホテル東京をオープンさせました。

3.香港&上海ホテルズ

香港&上海ホテルズ(The Hongkong and Shanghai Hotels, Limited)は、本社を香港に置くホテルチェーン企業です。1866年創業、上海と香港でホテルをオープンさせました。1973年にはペニンシュラ・グループを立ち上げ、「スエズ運河から東にあるホテルの中でで最高のホテルを目指す」、をコンセプトに、マニラ・バンコク・香港でペニンシュラホテルを展開します。1988年にはニューヨークにホテルを開き、初の西洋進出を果たします。

現在シティホテル事業に力を注いでおり、特にヨーロッパ進出を目指し、2014年にはパリにザ・ペニンシュラ・パリをオープンさせました。日本進出は2007年、日比谷パークビルが撤退した後にザ・ペニンシュラ東京を展開しています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧