TOP >[日本語記事] > 日本に進出しているルクセンブルク企業の紹介

日本に進出しているルクセンブルク企業の紹介

ルクセンブルクはヨーロッパにある小さな国ですが、とても裕福なことで知られています。本日は、日本に進出しているルクセンブルク企業についてご紹介いたします。

1.スカイプ

ルクセンブルクには有名な企業がたくさんありますが、最もなじみがあるのは「スカイプ(Skype)」です。スカイプはP2P技術を使ったインターネット電話サービスで、日本にもオフィスがあり、多くの人が利用しています。現在Skypeはマイクロソフトに買収されていますが、ルクセンブルクに本社があります。

Skypeの特徴はとても通話料金が安いという点です。NTTなどの国際電話に比べると考えられないくらい安い料金で利用できます。固定電話からだと1分2円強、携帯電話で1分11円弱です。その他にもいろいろプランがあり、日本国内限定で300分850円や、世界中に無制限通話で月々1675円という安さです。

2.アルセロール・ミッタル

2つ目は「アルセロール・ミッタル(ArcelorMittal, NYSE: MT)」です。アルセロール・ミッタルは世界最大の鉄鋼メーカーで、もともとはアルセロールという会社でしたが、ミッタルに買収されてアルセロール・ミッタルになりました。アルセロールの技術力は日本の新日鐵と並んで世界的に評価されており、自動車用の薄くて丈夫な鋼板などを製造しています。

そのアルセロールの高い技術力にインドのミッタルは注目して買収しました。ミッタルが製造している鉄は品質がそんなに高い物ではなく、付加価値の高い製品はあまりありませんでしたが、アルセロールを買収することで高い技術力を手に入れました。もちろん日本にも進出していて、自動車メーカーなどに鋼板を提供しています。

3.カーゴラックス

そして3つ目は「Cargolux(カーゴラックス)」です。カーゴラックスはルクセンブルクに本社を置く貨物専門の航空会社で航空貨物航空会社では世界最大です。カーゴラックスはアジアやヨーロッパ、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、アフリカ大陸、オーストラリア、中東など世界中にくまなく路線網を敷いていますので、世界中に荷物を運ぶことができます。運行している機材はボーイング7747-400と747-8で運行されています。

日本にも成田、関空、石川県の小松空港に乗り入れています。小松空港に乗り入れている理由はジャンボでも離着陸できる長い滑走路があることと、東京、大阪、名古屋にも比較的短時間でトラックを運べるという理由があるからです。航空便は船便に比べるとかなり運賃が高いため、付加価値の高い物しか運べないという特徴があります。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。 

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧