TOP >[日本語記事] > 日本に進出しているポーランド企業の紹介

日本に進出しているポーランド企業の紹介

社会主義体制が崩壊した1980年代末から四半世紀、近年のポーランドは2008年のリーマンショック後もGDPのプラス成長を保つなど、安定した経済で「東欧の優等生」といわれています。

国民の教育水準が高く、賃金水準がまだ比較的低いことなどから、同国は多くの海外企業の拠点となっており、日系企業については300社近くがポーランドへ進出しています。一方でポーランドから日本へ進出している会社もあります。本日は、日本に進出しているポーランドの企業についてご紹介いたします。

1.ノヴィッキ社

ポーランドは豚肉、牛肉などの食肉生産が盛んですが、1974年設立のノヴィッキ社(NOWICKI)は、ヨーロッパでも有数の食肉加工機械メーカーです。同社はその最大の目的を『最高のレベルでカスタマーを満足させること』として、最新鋭のカッター、インジェクター等を提供し、世界70か国以上に販売網を広げています。日本では、株式会社ラディクスがノヴィッキ社の製品を取り扱っています。

2.UEG

近年、ポーランドでは、ファストファッションの「Reserved」など、ファッションブランドの海外進出が盛んになっています。その中で、日本にいち早く進出したのがUEG(ウーサーエジェッタ)です。UEGは、デザイナーであるミハウ・ウォエフスキー、アニア・クチェンスカの両氏が2004年に立ちあげたブランドで、現在はウォエフスキー氏が一人で運営しています。すぐれたグラフィックデザイナーでもある同氏は、その感覚を生かして今までにない素材やデザインをファッションに取り入れ、話題を呼んでいます。

2016年9月には、PUMAとのコラボによるスニーカーやウェアが発売されました。日本では数年前から正規品取扱店であるセレクトショップ、アルディ ヴァーグ (Hardi Vague)のほか、各種通販でも入手が可能になっています。

3.アドレムソフトウェア社

ポーランドは「IT大国」というイメージが強くはないかもしれませんが、かなり以前から世界的にユーザーを持つソフトウェア製品が作られています。その一つがNetCrunch(ネットクランチ)です。NetCrunchはネットワーク監視のソフトウェアで、導入しやすくリーズナブルなことから世界的に人気を集めていますが、これを開発したのがポーランドのアドレムソフトウェア社(AdRem Software, sp.zo.o )です。

同社は1998年、トマシュ・クニスキー氏により、リーズナブルな価格で高性能な製品を作ることを目的に設立され、今世紀に入りネットワーク監視ツールの開発を開始、現在では世界80か国以上に顧客を持っています。日本の総販売代理店は「株式会社情報工房」で、官公庁、製造業、情報通信業など幅広い分野に導入されています。

4.ヴェリス社

ヴェリス社(Velis IT Systems)はファシリティ(建物、構築物など)マネージメントシステムや総合受付管理システムなどの開発・販売を行う企業です。同社は急成長で世界に進出し、「ミシュラン」といった大企業も顧客となっています。日本では株式会社ジーアイテックが業務提携を結んでいます。

ポーランドは遠く、日本との直接の接点も多くはありませんでしたが、歴史上の様々な理由から、親日的で日本と日本語への関心が高いということです。2019年には国交樹立100周年も控えています。ポーランド企業の今後の日本進出には大いに期待が持てるのではないでしょうか。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧