TOP >[日本語記事] > 日本に進出しているアイルランド企業の紹介

日本に進出しているアイルランド企業の紹介

本日は、日本に進出しているアイルランド企業についてご紹介いたします。

1.アクセンチュア

アクセンチュア(Accenture public limited company)は、世界最大級の総合コンサルティング企業です。ストラテジー(企業戦略)・コンサルティング(企業分析&改善策の提案)・デジタル(企業戦略のデジタル化)・テクノロジー(技術)・ オペレーションズ(運用)という5種類のサービスを提供し、顧客と連携し、ビジネス・パフォーマンスをの達成に務めます。1989年設立、本社所在地はダブリン、会長兼CEOはピエール・ナンテルム氏です。

日本進出は1995年、東京・赤坂にアクセンチュア株式会社(Accenture Japan Ltd)が設立し、横浜みなとみらいにもオフィスを持ちます。 会長は程近智氏、代表取締役社長は江川昌史氏で、従業員数約7000人の巨大企業です。本社と同じく、コンサルティング業務・アウトソーシングなど様々なサービスを提供しています。

2.クーリー蒸留所

クーリー蒸留所(Cooley Distillery)はアイリッシュの革命児とも言われています。創設者のジョン・ティーリング氏は、1987年に国立ケミックトー蒸留所を買収、クーリー蒸留所を設立します。これまでのアイリッシュウィスキーとは異なる蒸留回数・原料を用いて、新しいアイリッシュウィスキーを作り上げます。クーリー蒸留所はそれから21世紀に入るまで長い間アイルランド唯一の独立系蒸留所でした。

1998年には、『インターナショナル・ワイン・アンド・スピリッツ・コンペティション』で金賞に選ばれたお酒の中からさらに優れたお酒に贈られるトロフィーを授与されました。日本進出は2014年、日本サントリーの子会社となりました。

3.WPPグループ

ダブリンを本社を置く世界No.1の広告代理店グループで、全世界107カ国、オフィス数2400か所以上、従業員数は162000名、売上高は日本円にして約1兆7600億円以上のグローバル企業です。1985年に現在CEOのマーティン・ソレル氏が設立し、広告業務の他、企業ブランディング業務、デザイン、メディアプランニング業務、台所用品の製造、現在は撤退したもののティーポットの製造業など多様な企業を傘下に収めています。

日本進出は1998年、アサツーディ・ケイ(広告業界で1位電通、2位博報堂にに次ぐ第3位の大手広告代理店です)と、さらに2002年PR会社プラップジャパンと業務提携を結びました。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧