TOP >[日本語記事] > 日本に進出しているインドネシア企業の紹介

日本に進出しているインドネシア企業の紹介

本日は、日本に進出しているインドネシア企業をご紹介いたします。

1.バンク・ネガラ・インドネシア

バンク・ネガラ・インドネシア(BNI)は1946年にインドネシア政府によって設立された、インドネシア国内における最初の銀行です。そのためにBNIが設立された7月5日は、同国内で銀行の日とされています。インドネシア国内には支店を1000店以上も進出しており、海外にも日本を含めて5つの拠点を構えています。

日本に進出を果たしたのは駐在員事務所を置いた1959年のことで、1969年に正式に支店として開店をしました。日本の支店は東京都千代田区丸の内3丁目の、国際ビル1階に所在しています。同ビル内には帝国劇場があり、近隣には皇居外苑が広がり東京国際フォーラムがあるなど東京の中心地です。

東京支店では日本企業、日本人の個人、在日インドネシア人に対してのサービスを行っています。インドネシアへの送金サービス、普通預金、企業向け融資、保険業務など利用できます。2012年には大阪市中央区本町に大阪出張所が開設されました。日本の51の銀行や信用金庫と提携しており、日本でもっとも身近で利用しやすいインドネシア系銀行といえます。

2.CIMBニアガ

CIMBはインドネシアの大手銀行のひとつであり、日本語での別称を商業国際貿易商銀行といいます。CIMBニアガの本店はジャカルタにあります。この銀行はマレーシア政府系CIMBの子会社です。CIMBが創業したのは1924年のことでした。マレーシアの政府系ファンドのカザナ・ナショナルが出資先の最大手で、三菱東京UFJ銀行も出資しています。

CIMBニアガは2012年の段階でインドネシア国内におよそ800の支店を置いており、1万2千人もの従業員がいます。2012年の時点では、静岡銀行、八十二銀行、千葉銀行、北國銀行との提携を行っています。同国内では2013年から、JCBとカード発行の業務提携をしています。

3.バンク・インターナショナル・インドネシア

バンク・インターナショナル・インドネシア(BII)はインドネシアでは8番手に数えられる大手銀行です。1959年に設立され、2009年時点ではインドネシア国内に261の支店を構えています。現在はマレーシアのクララルンプールに拠点を置いているマレーシア最大手メイバンクの子会社銀行となっています。

BIIではインドネシア内にジャパンデスクを置いて、進出してくる日本人と日本企業に対するきめ細やかなサービスを行っています。また、国内でJCBのクレジットカードの発行元にもなっています。2012年時点では、日本全国の23の銀行との提携を行っています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧