TOP >[日本語記事] > 日本での薬局開設の許認可について

日本での薬局開設の許認可について

本日は、日本のビジネスにおける薬局開設の許認可についてご紹介いたします。

日本で薬局を開設する場合は、行政上必要な手続きを経ないといけません。この許認可の取得のためにまずは必要書類を提出をすることとなります。この書類の審査を受け、最終的に許可がおりることになれば、やっと薬局を開設することができます。拒否されてしまった場合は開店できませんので、確実に認められるような書類を作成する必要があります。

1.薬局を開設するための基準

薬局を開設するためには、まずは薬局開設許可の基準に該当しているかどうかをチェックしなければなりません。この基準として、まずは建物が適切であるかどうかです。開設することになる薬局の建物が、定められている基準をクリアしていることが必要となっており、これは書類にも記載しなければなりません。

また管理をする人が必要になりますので、管理者を選任することも必要です。薬局の場合は薬剤師を管理者とすることもできますので、雇用状況なども記載します。さらに、申請者に問題がなく欠格者という扱いになっていなければ申請を行うことができます。

2.薬局を開設に必要な書類とは

開設には必要な書類を記載して提出することとなりますが、通常15枚程度の書類を提出することになります。個人の場合、1枚提出する必要がない書類があるものの、誓約書、開設の許可証、構造設備の概要などほとんど法人の場合と同じです。

意外なものとして、例えば勤務体制を記入した書類の提出も必要です。仕事をしていることがわかり、しかも問題のない範囲で仕事ができるのかをチェックされることになります。できる限り勤務体制について検討して、無理のない業務分担をすることが必要です。

3.書類の提出について

許可をもらうために書類を提出するのは、健康福祉事務所と呼ばれるところで、多くの都道府県ではこれに相当するところがあります。ここで申請料を納めることになります。

最終的に問題がなければ、薬局の開設許可の通知が届くこととなります。この通知によって許可を得ることができてから、実際に建設を進めるなど開設の準備を行っていきます。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧