TOP >[日本語記事] > 日本におけるガス事業法とは?

日本におけるガス事業法とは?

本日は、日本におけるガス事業法についてご紹介いたします。

1.ガス事業法とは

ガス事業法というのは、都市ガス事業というガスを導管によって供給するガス事業について、利用する人の保護や保安の確保のために規制をガス事業者に対して定める法律です。

ガス供給についての同じような事業の場合でも、LPガス事業という導管を使用しない事業については、ガス事業法とは別の法律である、一般的に液化石油ガス法と言われている「液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律」というものによって規制されています。また、都市ガス事業法については、2017年4月より改正が行われる予定になっています。

2.ガス事業法が改正される経緯

ガス事業に関しては、1995年に自由化が大口の分野について行われ、大口の需要家に対してガス導管事業者あるいは届出制の大口ガス事業者が供給することが認可されてきました。順次、この対象は拡大されてきて、現在では10万m³以上に年間の契約数量がなっています。

一方、このような大口以外の小口の需要に対するガス供給に関しては、地域独占を許可制の一般ガス事業者が認可されてきました。2016年4月、電気事業の分野においても自由化が低圧部門で実施されたことを考慮し、熱・電力を含め、制度の一体的な改革によってマーケットの垣根をなくし、異なった業種からの新規参入やエネルギー会社の相互参入を推進することによって、コストを競争するで低価格を図ると同時に、ユーザーの利便性をアップさせるために、ガス事業に関しても小口の需要に対して自由化が実施されるようになりました。

3.ガス事業法が改正される内容について

事業構造は、ガス事業法が改正された後については、小売りに関しては、小口・大口の区別がなく、ガス小売事業の登録制のライセンスに統合されること、天然ガスの基地に関しては、新しくガス製造事業の届出制のライセンスとして整理されることの2点が大きく変更されています。

ガス導管のネットワークとしてのものに関しては、小口需要家など一般の幅広い需要に応じて、託送供給や小売りを行うための導管を運用・維持する一般ガス導管事業の許認可のものと、卸供給や特定の工場等へ託送供給や小売供給を行うための高圧および中圧の導管だけを運用・維持する特定ガス導管事業の届出制のものの2つに分けられています。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧