TOP >[日本語記事] > 日本のビジネスにおける貨物自動車運送事業法【旅客運送業】<許認可>

日本のビジネスにおける貨物自動車運送事業法【旅客運送業】<許認可>

本日は日本のビジネスにおける貨物自動車運送事業法についてご紹介いたします。

多くの人を送迎する仕事、それが旅客運送業というものになります。旅客運送業を行うには貨物自動車運送事業法に沿って許可を取る必要があります。この許可を取らないまま行うのは無許可営業になってしまいます。許可を取るまでには重要なステップが多くありますので、何をしていくことになるかをしっかり把握することが必要になります。

1.旅客運送業を行うための最初の手続き

貨物自動車運送事業法では、運輸支局に申請することで、旅客運送業が行えるようになります。必要な書類などを記載して支局に持参すれば、これを受理してもらうことができます。受理自体は簡単に行われることになりますが、これから試験をうけることになり、この試験内容によっては却下されることになります。

法令試験とされているこの内容は、30問出題されて8割以上の正解で合格することが出来ます。1度落とされても2回めのチャレンジをすることは可能になっていますが、2回めで落とされると却下されて、また最初からやり直しとなります。試験は2ヶ月に1回行われていて、これに合格するように自分で知識を得ることが求められます。

2.許可が出た場合の手続き

許可が出たらすぐにでも仕事ができるというわけではなく、貨物自動車運送事業法に沿って行わなければならないことがあります。これらを1年以内に申請してしっかりと認めてもらわないと仕事が出来ない点には注意してください。

まず運行管理者と呼ばれる人を選出しなければならず、この届出をすることになります。次に運輸事業を開始する前の確認を報告することになり、全て完了していることを告げます。更に車両について登録し、料金設定をを行う必要があります。これら全てを1年以内に行わなかった場合は、行う気がないと判断されて許可が取り消されることになります。

3.開始後も変更があれば随時報告する

ようやく旅客運送業が可能になったとしても、役員などの変更が加えられている場合や、使う車両の数を増やすことになった場合は申請しなければなりません。これを申請していないまま放置していると、結果的に誤魔化していることになりますので、これで許可が取り消されることもあります。

開業して仕事をしていると、徐々に規模拡大を行うことになり、色々な車両を導入したいと考えるかもしれませんが、この車両は全て登録しないと駄目になっていて、1台でも登録されていないと罰せられます。変わったものがあるなら情報を提供し、全て申請して許可が出てから行います。

もし日本への進出・会社設立・在留資格・会計税務・人事労務・法務等のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




シンガポール進出支援.com
  • 会社設立の流れ
  • 会社設立サービス
  • 会社設立Q&A
  • ビザ申請サービス
  • 会計税務サービス
  • 人事労務サービス
  • 法務サービス
  • 不動産取得サービス
  • 汐留パートナーズグループ

お問い合わせ

日本に進出をしてビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、日本進出支援実績が豊富であり、また、それだけではなく進出後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧